月9ドラマが始まるよ|女性も安心して観れるアダルトコンテンツ~女性向けAVとは~

女性も安心して観れるアダルトコンテンツ~女性向けAVとは~

月9ドラマが始まるよ

カチンコを持っている手元

女性が男性向けのAVを観た時、エッチだなあとは思うのですが「何が面白いのか分からない」とか、「グロイから観てられない」といった感想をいただくことがあります。
なかには「きしょい」と言われて、一緒にAV観てムラムラしたところをリアルエッチに持っていこうとしていた彼氏諸君を撃沈させたという話も聞きます。
それほどまでに、女性にとって男性向けのAVとは合わない場合があるのです。観てしまったから逆に醒めたわということもあり得ます。
男性向けAVとは、主に女性とのエッチシーンが内容の8を占めています。どんなエッチをしているのか?女性がどのような顔をして感じているのか?そういった部分が見どころと言えます。

しかし女性にとっては、そういったシーンは面白くないシーンなのです。男性は視覚で楽しみますが、女性はそうではなく感覚で楽しみますからね。
では、そんな女性にとって理想のAVってなんなのでしょうか?女性向けAVというくらいなのだから、さぞかしそんな内容とは違うのだろうなと思っていると…違いました…驚くほどに。
まず女性向けAVは始まって男女の出会いからはじまりました。「あっ、ぶつかちゃって…考え事していたもので…」「いえ…こちらこそ…だいじょうぶでしたか?」
そんな会話からはじまり、二度目の再会。からの意識のしあい。からの恋愛。からの葛藤やすれ違いを経て、やっとこさのエッチシーンです。全体の半分はこれで終始しました。
これは…月9だ!

そうなのです。女性向けAVには、ドラマ仕立てで女性の共感や憧れ。感情移入を図ったうえでエッチシーンへと入ることで
ふたりの関係性やエッチのもつ意味にきゅんきゅんして興奮するのです。
ここまで作品観が違うのは男女の感性の違いを物語っていますし、それがなせられるのも、監督が女性だからこそ。女性による女性のための女性向けAV…だったのですね。